玉姫のそっと現場の片隅で

業界の裏話から、明日のおかずまで

フリーランスって、自営業だよね?

[btn class="rich_pink"]あれ?フリーランスって自営業だよね?[/btn] フリーランスという横文字…めちゃめちゃオシャレじゃないですか でも、職業欄にはフリーランスとは語彙範囲が広く、なかなか書けないものです。 それに、年配の方などに説明するときも、昔からある『自由業』か『自営業』と伝えたほうが理解が得やすいです。(まぁ、そう説明しても具体的に何をしてるのかと聞かれるのですが) 私の旦那さんもフリーランスでしたが、屋号を持っていました。

[btn class="simple"]フリーランスの屋号って?[/btn]

屋号とは個人事業者(フリーランス)が持つ事業上の名前のことです。 個人でやってる田舎の何でも屋さんに「○○商店」とかありませんでしたか?アレです。 屋号は、商標登録することも可能ですが義務ではないので通常はそこまでしなくても問題はなさそうです。 ただ、個人的にはデザインに携わる人や、自分をバリューネームにして売り出す人は、商標登録も含め著作権などの関係もあるので、出しておいたほうがいいと思います。

例えば、なのですが、勝手にお世話になってる『プロ無職るってぃ』さんや『まじまじぱーてぃーのあんちゃ』さんなど、『プロ無職るってぃ』や『あんちゃ』を商標登録などすると、同じ名前とかが出てくるのを防げるのです。『イケダハヤト』さんなんかもそうですね。バリュー名を利用して誰かが似たようなものを作るかもしれない。そうして、名前を語るフトドキ者が集客をしてクレームがあって、本人さんたちに被害が出るかもしれない。そういったのを、未然に防ぐこともできます。

 

あ、屋号を使用しない場合は、開業届けの記入欄は空白にしておけば、個人名がそのまま事業所名となります。

それが、なんだかかっこ悪いなぁとか思うなら、屋号を決めよう!

あと、税務署に提出する開業届けには屋号を記入する欄がありますので、 屋号を使用するなら、開業届けを提出する前に決めておいたほうがいいです。 ウチも、個人業で、映像制作をしていますので、主人が屋号と開業届けを出していましたが、やはり、出しておいてよかったなぁと思うことが思えばありました。

[btn class="simple"]屋号を持って良かったと思ったこと[/btn]

・仲介を通さずに直接取引する場合、相手の会社からすると個人との契約より屋号との契約の方がスムーズだった うちは、映像関係だったため、余計なのですが、知名度もないのにいきなり会社さんに、個人で契約しに行くより、屋号の方が話も聞いてもらいやすく、スムーズでした

フリーランスに領収書は必須なのですが、名前の漢字を説明して宛名を書いてもらうことが面倒くさい簡単な文字だけの屋号名だととてもスムーズです。カタカナで、ゲンキとかディッツとかは聞き取りにくい場合もあるので、避けたほうがよさそうです。 (※屋号がある場合、領収書の宛名は個人名と屋号のどちらでも大丈夫です)

・屋号があると、銀行ですでにある個人名の口座とは別に屋号口座(事業専用口座)を開設することができる

・中小企業用の労災保険にはいることができる‼  月2000円で入れる労災です。取材の移動中にケガしたってときもこれなら、安心です。 あんしん財団

・商工会議所に入れる  商工会議所の会員になると様々なメリットが受けられます。融資から、各種保険、傷病手当なども受けられるのは大きなメリットだと思います。

全国の商工会議所一覧

 

あとは、こんなことも…

 

・屋号の印鑑(角印)をつくって、請求書等の書類の見栄えが変わる

・名刺の肩書きが個人名だけでは寂しい

 

やっぱり、見た目は大事で、書類一枚にしても雄弁に語るんですね。

名刺も厚みのある名刺が信頼を得られやすいです。  

フリーランスで生きようとしている方、生きてる方、副業で始めようとする方は是非、開業届けを出す、屋号を持つを、検討してみてくださいね。