犬と歩けば 

犬と住む犬好きの日々思うことです

人は支配者か?


f:id:ito0325haru0605:20180521161703j:image

こんばんは

ドックトレーナーの佐藤 愛です。

 

もうすぐ、梅雨の本格的な季節ですね。

この時期は、

耳が垂れてる子は耳のケアが大事になってきます。

 

イヤーといわれても、

カビなどが発生しないように、

耳掃除はかかせない今日この頃です。

 

さて、5月の中旬だというのに薄ら寒くて、

なんだか、不思議な天気です。

 

このままだと、

冷夏になると…野菜の高騰が懸念します…

(主婦目線)

 

さて、梅雨というか、この季節……

になると、どうしても、思い出す記憶があります。それは、信じられないほど、幼い頃の記憶です。

 

何せ、2歳半の時の記憶なのですから。

嘘だと思われるかもしれませんが、

それは、

日本の自然災害として、記録されています。

 

公的記録には、こう書いてあります。

1983年(昭和58年)7月23日の早朝、

島根県西部を局地的な集中豪雨が襲いました。

山陰沖から南下した梅雨前線の影響で

南からの湿った空気が積乱雲を発達させ

益田市633mm、三隅町742mm、

浜田市516mmの記録的な豪雨となり、

島根県西部の河の殆どが反乱し、死者行方不明を150人以上だし、被害総額は当時にして6500億円と記録されています。

http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/river/sabo/hukkyuu_jigyo/index.data/S47saigai.pdf

昭和58年7月豪雨 - Wikipedia

 

濁流の中を、

従姉妹の背中におぶさり、

従姉妹の腰まで茶色の濁流が下手へと流れていくのを懸命に逆らいすすんでいく従姉妹の背中から、私はぼんやりと茶色にそまったいつもの景色を見ていました。

 

唯一の小高い、村の寺に皆で集まり、

生後一歳ちょっとの弟は、父母とともに、車で濁流をさかのぼって寺にやってきたことを、寺の小窓から幼馴染と覗いていました。

 

そのあと、

私たちは、地元の小学校へ移動しましたが、

大人達が慰めるためにやった、郷土芸能の神楽(よりによって演目は八岐大蛇)で、この記憶は、小学生低学年のノストラダムスの大予言ともに、何度も悪夢として出てきました。

 

そのあとも、豪雪、台風で樹齢400年の御神木が倒れたり。

 

人の力で自然は制御出来ないことを私は知りました。

 

さて、今の世界の、人口は都市部に集中していると言われています。

 

都市部で人が増えると、どうなるのか。

容易に想像つくのは、地方の後退。

山林の荒地化などです。

 

日本の山林の殆どは、今、杉などが植えられてます。

これは、人が管理する前提で飢えられた木たちです。

しかし。人が森に入らなくなり、手入れがされないので、森に十分な光や栄養が行き渡らなくなり、元々の原木林が育たなくなりました。

そうなると、山自体の水の保有率が少なくなり、土砂崩れなどが起こりやすくなります。

 

手入れがされず、また、食べる木の実などがないために、獣が山から里山に降りてくるのは仕方の無いことだと思います。もっとインフラがすすみ、私も含めイケハヤさんのように地方の山奥で、半農暮らしをすると、日本も大分かわるんですけどね。

 

そして、私は動物愛護者ですが、自分たちが生きるために、動物をある程度狩ることも、私は否めない事情だと考えています。育ち盛りの子供にヴィーガン(菜食主義)を押し付けるのはとんでもないとも私は思います。

 

はなしがそれてしまいましたね。

さて、最近、やたら町の名前に横文字が使われてることに気づかれてる方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

または、区画整備とかで地名が消えてしまったなどは、ありませんか?

 

新しい住所に住まれた際は、どうぞ、その土地の歴史、旧地名まで調べられることをお勧めします。

 

昔の地名は、その場所が危険な場所が安全な場所か、ということがわかる、大事な名前でした

 

三年前の広島のニュータウンでの大きな土砂崩れ。あれも、昔の地名や地形を見れば、昔から、沢の鉄砲水が出やすい、地盤が緩い、家を建てることには適してない場所だったことは、明白です。

 

そのことを、今の技術でカバーしてるから大丈夫ですよ!とか言って、売ったのなら、そのブローカーなり不動産屋は大馬鹿者で、プロを名乗る資格はないとさえ、私は思っています。

 

さて、あなたの住んでる街や場所は、大丈夫でしょうか?もとの名前や、歴史などは、最近ではwikiで簡単に調べられます。

地名の意味などもぐぐるとすぐ出てきますので、是非しらべてみてください。 

災害大国・迫る危機 日本列島ハザードマップ
 
土地を捜す時最初に読む本

土地を捜す時最初に読む本

 
自然災害から人命を守るための 防災教育マニュアル

自然災害から人命を守るための 防災教育マニュアル

 
命を守る水害読本 (毎日新聞出版)

命を守る水害読本 (毎日新聞出版)