犬と歩けば 

犬と住む犬好きの日々思うことです

エンディングノートを書いてみよう①

こんにちは!

動物が好きで(やや犬より)ドックトレーナーの資格を取った佐藤愛です。

いきなりですが、みなさん、エンディングノートって書いたことありますか?

f:id:ito0325haru0605:20180612181318j:plain

エンディングノートとは!

ご自身の終末期や死後に、家族が様々な判断や手続きを進める際に必要な情報を書き残すためのノートです。

 

この度、友人のブロガーじょりちゃんの

エンディングノート書きませんか?」

という呼びかけにほいほいと手を挙げてみました。

 

実は私、

過去にエンディングノートを書いたことがあるんです‼

 

その時に利用したのはこれ

 こちらのブルーを買いました。

 

 でもね、なんていうか…挫折しました

キラキラ感っていうか…自分史を書く欄があったのですが、

私、そんなにキラキラしてないし!

ってか、自分のことを振り返れば振り返るほど、

自分がなんもないことを自覚して、数ページ書くだけで終わりました…

(第二鬱時期突入時期でもあったし)

 

でも私はエンディングノートは在った方が残された遺族や、知人はかなり助かります。旅立つ自分も少しは準備できているのなら安心です。

 

 

私のブログを読んでくださる方がどれくらいの年齢の層かわかりませんが、

私は、19歳の時に父を亡くし、26歳の時に父方の祖母を亡くし、

いわゆる相続問題に巻き込まれたことがあります。

 

19歳の時、父の脳死ということで、父のまだ体温の残る遺体を前に

臓器提供をお願いできませんか?

と病院にお願いされたことがあります。

父の意思がわかっていたら……

その通りにしたと思うのですが、私は、父の死が受け入れきれず断ってしまいました。

 

次に祖母。

祖母の時が一番やっかいでした。

土地や山が若干あるため、それを祖母は弟に全て相続させたかったのですが、

それを邪魔する存在がいました。

 

散々悩んだ末、私は『行政書士』さんと一緒に、病魔と闘ってる祖母に

今のままだと、祖母の願い通りに弟に土地の譲渡がいかないことを、

邪魔してる存在がいることを告げなければいけませんでした。

 

祖母は、起き上がる力もなかったのに、

怒りの力なのか起き上がると、目の奥に青い炎が灯っているようにもみえました。

祖母の意思と間違いないことがわかると、サインだけは自筆でしなければなりません。

 

補助的に私の手も添えましたが、

その補助もいらないくらいにしっかりしたサインでした。

 

私は、行政書士さんにお願いしてその日のうちに、

公正証役場に行って書類の手続きを行っていただきました。

 

祖母にそのことを告げると、安心し、その2週間もたたないうちに

祖母は、親戚一同が集まる中、私と弟の名前を繰り返し呼び、

仕事帰りの弟が病室に入り私たち孫二人がそろうと、私たちの顔を見て

祖母は息を引き取りました。

 

私がしたことは、祖母にとってはよかったと、今も思っています。

が、こんなに人が変わるなんて…と人間の恐ろしさを知った出来事でもあります。

 

エンディングノートを元気なうちに書いておいてくれて、

そしてできることなら、公正証書で遺言書を書いてくれてれば

もう少しみんな穏やかな葬儀を送る側も送られる側もできたのではないかと思います。

 

続く

長澤まさみさん、東出昌大さんが「コンフィデンスマンJP」

で愛用中のソファーはこちら

 行政書士資格取得なら

コクヨ 遺言書用紙・封筒セット 用紙 封筒 下書き LES-W102

コクヨ 遺言書用紙・封筒セット 用紙 封筒 下書き LES-W102

 
ハイタイド パスワードブック イエロー CP013

ハイタイド パスワードブック イエロー CP013